<< 対 CT GREY 10月9日 練習レポート 10月2日 >>
ギネレポ 10月5日
【参加者】
菅沼、真美子、末原、田島、金尾、文平、梅原、服部、島袋、榊、森重、永沢、修、ワイワイ、のりか、上田、上田ようこ、BB、横沢ヨウコ、瀬戸、洋平、まどか、ソン君、シェフやすおか、永島。



怪しい動物毛商売人しまんちゅ島袋が渡米するとあって当日のホームランドセキュリティーは緊迫していたものの、さすがはしまんちゅのらりくらりと雨上がりのSOBROに現れる、同じ暖かい国の人間であるはずなのにプエルトリコ人と沖縄人がこれほどにも似ていないものなのかと遠くからしばし観察。3分ほど遠くからながめ近づくと飲み過ぎと家庭での育児のフラストレーションのせいなのか顔のパンパン度と細めベルトの穴が不憫に感じらる。NYAJRFCBBQ会場として活躍したSOBROへ足を踏み入れた事が無いというのでまずは数々の思い出を作った「殿堂SOBRO」でビール片手に早足観光。少々メートルをあげつつ、SOBROから電車でギネス会場へ。


バーは結構人があふれているものの黄色人種の臭いは無く、いつもの「バー角」へ陣取りまずは二人で乾杯しようかな~と思っていたらギネスの樽が空になったらしく唇をなめながら待つ事5分。やっと茶色のスープが届きさて改めて!と思った所へ文平登場。慣れた仕草で速攻ギネスを注文しFinally乾杯。なんとなく濃いめキャラで似ている二人であるがおそらく知能指数の差であろうキャッチボールになっておらず笑。


7時半を回った辺りだったろうか会長、あやの嬢、そして今晩のいじってキャラ、ワイワイ嬢登場!仕事の関係で会長が将に紹介したという独身弁護士韓国人女性との謎解き会話に盛り上がりメートルがぐいと急上昇。テーブルに移り、少々落ち着いていると洋平ファミリー登場、同じ沖縄県民マドカママと息子ソン君、あまりの眼のクリクリさに沖縄の血を感じながら懐かしい思い出話に花が咲く。


その後仕事を終えた普段グランドでは見慣れないスーツ姿のメンバー達がぼちぼちと現れ、ギネスのオーダーピッチが上がる。僕自身最近クラブへの参加が悪かったため「新顔さん」の名前を確かめながら乾杯。9時を回った頃であろうか今度は仕事を終え、客とのディナーを終えたメンバー達が小指にドギーバックを下げながら登場。ますますピッチが上がる。そんななか森重君のガーナ話に僕の心は躍らされ、全米からだけではなく世界中から人が集まる「るつぼ」NYへ感謝、もう少し怪我の無いラガー達が集まってく
れれば申し分無いのだが。。。本場ガーナチョコ食べてみたい。


そんな中ふと外を見ると見覚えのあるスーツ姿の顔、な、なんと昨年アメリカの田舎へ赴任して行った永島伸之!突然のギネスナイト登場!予告無しに登場しても誰かがいてくれる火曜日のギネスナイト、続ける事、飲みにケーションの大切さを感じる。気がつけば昔のメンバー島袋もどっぷり現行メンバーになじみ、新しいギネス樽も空になり、明日「仕事」のある羨ましいメンバー達が帰路に着き、残されたメンバーがテーブルの上の$20札を数え始め又一晩のギネスの夜が幕を閉じようとしていた。


ギネスナイトという形でチームとしての飲みが始まる前、数人のメンバー達が仕事帰りに当時将がフロアーマネージャーをしていたミッドタウンレストラン浪花に集まったのがおそらく今の「ギネスナイト」の始まり、そこでバイトをしていたマドカと当時バイバリのプレーヤーであった洋平がくっつき、次世代のラガーが産まれ、入れ替わり立ち代わりスーツを着たラガー達がNYという空港を離れ又着陸し、オリジナルのギネらナイトメンバー将の渡米に集まる。NYに住み始めて10年、何か急に今まで見えなかったモノが見えた感じのオヤジになった夜であった。


ハイサイおじさん
ハイサイおじさん夕べの三合瓶小残とんな
残とら我んにん分きらんな
ありあり童えー童三合瓶小あたいし我んにんかい残とんでいゆんなえー童
あんせおじさん三合瓶し不足やみせら一升瓶我んに呉みせみ

http://www.youtube.com/watch?v=qAwi4lfnavs


【修】
by nyajrfc | 2010-10-09 02:11 | ギネス
<< 対 CT GREY 10月9日 練習レポート 10月2日 >>