<< 練習レポ 9月11日 9月5日 コリアンチーム >>
ギネレポ 9月7日
9月7日 残暑ギネス 


すっかり夏休みも終わり、Labor Dayの次の日のギネスナイト。 思ったとおり店はガラガラ。 でもNYAJはいつもの場所でいつものメンバーとギネスでウフフ。  8時以降からはNYAJ貸しきりかと思うほどアジア人だらけ。さて今夜もギネスを浴びるほど飲もうということで、7時前に店についた僕がバーを陣取るや否や背後に殺気を感じる。 振り向けば、そこにはキッチンで働くグゥワテマラン、、、かと思いきや、「え~、ま~その。。。」なんて言いながら文平だった。 あ~びっくり。 で2人で飲み始めることに。 文平はDCでのインターンシップを終え、とは言うものの、実は日本のスパイとしてアメリカの国家機密情報を十分に盗み日本へ戻り情報提供をしてちょうど任務
を終えアメリカに戻ってきたとこ。 そんなことはどうでもよくて。。。


さて初参加①はナナちゃん、なんと名前はナナオ。 漢字は七男でも七夫でもないとのこと。 どうやらミスターレディーではないらしい。 七央だったか? 奈奈央だったら三木文平と張るくらい左右対称な字。 何人か曰く、伊藤美咲似ということで、どんな人か知らない僕はぐぐてみた。 知らない人のために画像リンクも。。。 http://www.youtube.com/watch?v=P9eO53i52Bg&feature=related  しかもレアな画像っぽい。 ナナちゃんは何を隠そう(←隠してない)2年前までいた熱い男、岩城さんのシンガポールでのお友達。  24歳と若くとてもフレンドリーでインター。 (インターナショナルの略)  どうやったら40過ぎの酒焼けしたあのオヤジがこんな若い娘と知り合いになれるかはそれぞれのご想像に任せるとする。  シンガポールに14歳から住んでる日本女子。  向こう3ヶ月はNYにいるらしいのでナナちゃん効果でNYAJも潤うこと間違いなし。 彼女、アメリカに来たのはこれが始めてらしくNYへ来て4日目で「この街最高☆ずっとNYにいた~いニャン」ということなので、ここはオサム兄さんにGCをお世話してもらおうか?という話の流れもあった。 はたまた、会長のお店で雇ったらどうだとか、いろいろここでは書けない不法滞在のいろはを伝授。今後の動向に注目したい。


そしてギネス初参加②は我NYAJ創立時代に会長らとNYでラグビーをしていた加藤さん。 なんと2001年の9.11の1ヶ月前までワートレの中の某銀行のにいたということ。 転職されて今があるのかも。 今は某大手外資銀行東京店にお勤め。 気さくでフレンドリーなかたでした。  当時のNYAJの事とか聞いたのだが、BBが早いピッチでギネスをじゃんじゃん頼む御蔭でアルコールがまわり、ほぼ覚えておらず。。。 

最後の初参加③はイノッチこと大臣の居候の22歳君。 なにやら、彼の母上とイノッチが友達らしく、日本で早くも就職が決り、NYに思いで作りに来ているとか。 あまり情報なくて申し訳なし。 一つ覚えてるのは、彼が言ってた言葉。 「NYの人達って皆さん目が輝いてますね」って。 あ~た、そんな自分の瞳が輝いてるからそう写るんですよ~。 そんな彼にはハーレムの奥地を紹介しとこう。 

 
所感ではあるが兎に角、全員と絡めないほど人が多かった。 マットもご満悦。  バーテンのサラも久々に会えたし、新しく入ったバーテンのクリステぃもやさしいし、(写真中央参照) ラグビーやベースボールもテレビでやってるし、家がすぐ近くなのにぜんぜん来ない服部もきたし、全てヨシとしよう。

参加者はなんと久々の20人を越えるギネスナイトとなり大いに盛り上がったので2010年度後半、良いスタートが切れたというところか。  ただ今回大勢集まった理由はやはりシンガポールからのゲストルーギャーが来たからなのか? 文平がNYに戻ってきて久々のギネスだからなのか? 各々に意見を聞いてみたいとこだ。


では来週も沢山集まってください。 来週のお題は「カメラマンはみた! 米国の杜撰な医療事情」 
Featured by TBS カメラマンと日本から医療研究のためにきている整形外科医達。


記事番 TD 
c0208935_1155810.jpg

[PR]
by nyajrfc | 2010-09-11 11:57 | ギネス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nyajrfc09.exblog.jp/tb/15103471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 練習レポ 9月11日 9月5日 コリアンチーム >>