<< ランドールズ 7's ... 練習レポート 7月3日 >>
ギネレポ 7月6日
NYCは100度を超える猛暑。

仕事も空振りに終わり、ビールを飲んで涼むかと思うも、閑古鳥が鳴いていた先週を思い出して逡巡する。先週のみならず最近空振りに終わった人がチラホラいると聞き、念の為と思ってMailを出すと帰任前のNYC単身生活を楽しむ南さんから返事あり。

21時前にAustralianに着くと予想通り誰もおらず。しょうがないので止まり木に座って日数の経った日経新聞を開く。漢字の新聞を見た店員が「Rugby の人ね」と言い、たとえ一人でもNYAJの一員ということでHappy hourが使えることを教えてくれる。

こんな暑い日に一杯目からGuinnessは飲めないと思い、Foster’sを頼むが、、、「不味い」と思わず上田さんのように呟く。我慢して飲むも矢張り何かおかしい。店員に、Beerが酸っぱいからGuinnessに替えてくれというと、交換に応じてくれた。値段も只にまけてもらう。

そうこうしている内に、Mailを見た末原さん登場。
遅れることしばらくして、Joggingをしてきたという短パン・Running姿の南さんが登場。

話題は、July 4thの服部邸飲みの回顧録、Y.M.さんの「前回お会いした方々より紳士な感じ」との発言の背景、何故最近のギネスは停滞気味か、論文課題「合コンとラブビーの共通点」、等等。ギネス停滞の理由としては、文平の転勤・LansdowneroadとAustralianの混雑状況の相違(含、故人の呪い)・瀬戸口兄弟の帰国等が挙げられるが、Dr.末原も明確な処方箋発行にはいたらず、継続協議。

23時近くなり、さっぱり撤収と思い西に向かって歩くと、ほんのりピンク色のアスパラ登場。伊勢で多少聞し召したとのこと。

もう一軒行こうとも考えるが、文平やSetiがいる訳でもないので二次会/萩というOptionは速攻で消え、明日の仕事を考え自重モードになりつつ、出された結論はPinkberryでFrozen Yoghurtで〆るという最近にない流れ。

男4人でだべりながらデザート食べて、さっくり帰路につくという一夜となりました。

【梅原】
by nyajrfc | 2010-07-09 01:27 | ギネス
<< ランドールズ 7's ... 練習レポート 7月3日 >>